こんなことしている場合でない!暇があったらローラー台乗れよな、俺。
 
左はスポーツ車部品の変遷1977年発行。右は1980年版吉貝機械金属のカタログ。上はタイトル通り。マニア度はそれほど高くありません。
イメージ 1
中身はこんな感じ。部品の変遷の、ディレイラーの項目、一番新しい部品はなんとシマノクレーン。FDはもちろんデュラエース。これでわかることは、1976年でもクレーンの名前が刻まれていて、78年からEX なので、N選手の物は1977年の製品ではないかということ。すると「ジュラ」リアディレイラーは1年しか使われなかったということか?ご存知の方、ご教授願います。
イメージ 2
 
やべー、久しぶりに開いたこの本、面白いのなんのって。トレーニング時間をどう捻出するか考えていたはずなのに、ウェブサイトでこの時代のカタログをむさぼり読んでしまっている自分を止められない。吉貝のカタログは、中学1年生の私が部品展開図と補修部品の品番を知りたくて取り寄せた物です。当時はインターネットなんてなかったからね。
 
深夜までやってしまったら、レースは体調管理失敗で終わる予感。N村製作所さん、あんな面白い物を見せてくれて、どう責任とってくれるんですか。
 
600EXロングケージRDアラベスク、サイクロンMⅡGT、サンプレックスRD、デュラAXFD&クランク、DDペダル、サカエプラットフォームペダルなど出演希望者が控えています。そのうち顔を出させて、皆様にご挨拶いたします。