一昨日(ブログ上では昨日、書いているうちに日付が変わっちゃった)行ったヒルクライムトレーニングの帰りに輪行したのですが、時間がたっぷりあったのでいつも以上に丁寧なパッキングとなったので記念に写真を撮ってみました。
 
イメージ 1
 
クイックシャフトは前後とも抜き、輪行袋収納ケースに入れてハンドルにつるしてあります。フォークエンドが袋を傷めないように軍手で養生しました。容量じゅぶんなザックを持って行ったのでフレームカバーもかけてあります。本当はペダルも抜くとベストなのですが、キーウィンのロードペダルはアーレンキー穴が開いていないので持参の携帯工具では抜けません。このペダル、使っている人は少ないと思われますが、トップクラスの軽量ボディ、シャフトからのハイトも低く、アップシューズでもそれなりに踏め、しかも首振りの有無とその抵抗感まで調節できる優れものです。しかもシャフト長が豊富にあり、自分にぴったりのQファクターを選べます。
 
エンド金具のシャフトにチェーンをかけてあります。これをするだけでディレイラーを床に当てにくくなり、チェーンでフレームを傷つけにくくなる効果があります。写真には映っていませんが、コグにも軍手をかけてあり、輪行袋を守っています。ここまでやっても10分もかかりません。
 
本当はアウターギアにチェーンを入れておいた方がいいのですが、そこは忘れていますね。これだとギア歯で袋を傷めてしまいます。
 
オーストリッチはサドルとエンドの入る方向を間違えないようにイラストが入っているので、暗がりや風の強い日でも間違うことなく便利です。
 
さて、明日は初代デュラエースとご対面です。楽しみです。