輪行袋について思うことを今日は書いてみます。
 
以前にも書きましたが、私はオーストリッチ派です。現在手元のあるものは写真の5つですが、そのうち3つがオーストリッチです。
 
イメージ 1
左から、T’sSPICEの生地厚手タイプ、オーストリッチ超速FIVE、同ロード220、同L100、寸法比較用のボトルを挟んでいちばん右がサイクルショップヒラガオリジナルランドナータイプ。
 
下の灰色の物はフレームカバー、右はエンド金具どちらもオーストリッチ製。他に、かつてちび輪バッグとT’sSPICEのボトルケージに収まるタイプの物、シートタイプでひもで縛るものも所有していたことがあります。
 
身も蓋もない言い方をすれば、一長一短です。面倒なので左から①、②と番号をふることにします。
 
前後輪を外すのは①、③、④です。①と③はホイールを入れるポケットが付いているので、フレームを入れた後そのポケットにホイールを仕舞ってからフレームを挟み、いちばん上だけストラップで止めればOK。④はホイールポケットがないのでサドル部分、チェーンスティ部分と3点で止める必要があります。その代わり、しっかりと止められるので立つように固定すれば便利です。また、その分小さくく軽くなる点も見逃せません。ファスナーもなく、上で紐を縛るのですが、故障がないのでかえっていいかも。リアホイールを抜いてしまうのでエンド金具でエンド幅の保護とディレイラーが地面に当たるのを回避します。④は別売りですが、持っていなければ買うか自作するかした方がいいです。①の付属エンド金具はネジで止めるタイプで、力が加わるとまわってしまって傾いてしまうし、使いにくいので自分で加工してキャスターが付くようにしました。キャスターがあれば移動も楽で、その金具がネジの回転を防いでくれます。輪行袋にもネジ貫通の穴をあけました。
 
②は前輪のみ外すタイプです。前輪は付属のホイールバッグに入れて、フレームにストラップでつるします。簡単に収納できるし、リアエンドに後輪が入ったままなのでエンド金具が要りません。その代わり小さくはないので、混んでいる列車やデッキのある列車などに乗せるには不自由することが多いです。車で移動するときに使うこともあります。車内の汚れ防止として有効です。
 
⑤は、高砂のサイクルショップ、ヒラガのオリジナル輪行袋です。私が買った最初の袋で、もう30年になります。これはランドナー用で、後輪とフォークを抜くタイプです。四隅にループが付いていて、簡易シェルターにもなります。これで東北野宿旅の帰路、18きっぷで仙台から帰ってきました。また、香港経由、ウルムチ、カシュガルと航空機輪行して大陸を走ってきたこともあります。今どきのアヘッドとバーテープに巻きこんだブレーキアウタータイプのロードだと、入れることはできません。
 
さて、収納サイズと運搬方法の問題です。ボトルケージにさせるのは③④⑤。サドルの裏に付けられるのは一応全部。
①はサドルバッグのようにつけられるストラップと、シートピラーに固定するベルクロが縫い付けてありますが、その付け方では腿に当たるのでよろしくないです。サドルフレームに縦に付けるとずれてきてしまうし、ザックに入れるのが得策でしょう。ザックを使わない時には、持って行きたくないです。
②はサドルには縦付するようにできています。やはりずれは生じます。時々締めなおすか、やはりザックの中がいいところかもしれません。
③はボトルケージにはまりますが、長さがあってサイズの小さいフレームだと厳しい時があるかもしれません。
④はケージにすっぽり入るサイズです。
⑤はいろいろな付け方ができます。サドルバッグのようにも、ケージにも、フロントバッグのようにも、もちろんバッグに入れてもよい優れものです。ランドナーならこのタイプで決まりでしょう。
 
付属の袋にも優劣はあります。するする入っていくのはオーストリッチ勢。ケースに余裕があるので軍手を入れることも可能です。ギュッと巻いてもスベリの悪い生地でなかなか入っていかないのはT’sSPICE。その分生地は丈夫そうですが。走り出そうという時になかなか収納できないとイライラしてくるのは事実です。途中であきらめ、そのままザックに詰め込んだことも数回あります。最寄駅から家までの間は、むしろ仕舞ったことがありません。ザックでない時でも、落ちていたレジ袋に詰めてハンドルにぶら下げて帰ったこともあります。今はあげちゃった同じメーカーのケージに入られるタイプの物だと、さらにひどくてかなりきつく巻かないと入りませんでした。あんまりひどいので金具類は別にしておいたくらいです。ただし、どちらも10年以上昔の製品なので、最近は改善されているかもしれません。
 
塗装に傷をつけたくない人はフレームカバーをどうぞ。私はめったに使いません。妻の自転車は特注で塗ってもらったので使いますが、うまく入れればそう傷がつくものではないのです。やばそうなところだけ軍手なので養生すればOK。
 
初めて買うなら、何がいいかって?ケージに差せて、軽量コンパクト。L100とエンド金具でいいんでないでしょうか。これ買っておけば、他の物を買い足しても、これの出番は必ずあります。生地はかなり薄くて弱いけど、丁寧に使えばそう破れるものではありません。破れたら縫えばいいだけ。