1011年9月12日 2日目
 
おーしゃんのーすは鏡のような海を行きます。朝6時起床。洗面の後、オーシャンプラザへ行って朝食。その後、デッキへ出てほかの船を見たり、船内の運行ボードで現在位置を見たりして過ごしました。あちらこちらのぞいて回っていると、スカイルームを発見。広いカーペットの室内に、誰もいなかったので、ここで本の続きを読むことにしました。
イメージ 1
 
全部読んでしまってから、まだ理解の不足している部分を読み返したりしていました。船首のフォワードラウンジもゆったりしたソファーになっていて前方の景色を楽しむことができます。居心地の良い船です。高千穂丸では、映画の上映があったり、マジックショーやクイズ大会など、乗客を飽きさせない催し物が用意してありました。それはそれで大変に良かったとは思いますが、なにもなくて、そのかわり過ごしやすい場所が用意されていて思い思いに過ごせるというのも、いいのではないでしょうか。のんびりする時間がほしくて、高速自走ではなく、フェリーを利用している面もあるのですから。
 
今日、入浴できるのはこの船内が最後の機会になりそうなので、また入浴しました。24時間可能というのは素晴らしいサービスです。
 
昼食をオーシャンプラザで食べ終わるころ、下船時刻が近くなってきているので、荷物をまとめました。わずかな荷物なのですが、貴重品ロッカーには財布と携帯電話、VX-3が入っているので忘れるわけには行きません。このロッカーも無料というのがまた素晴らしい。
 
舷窓から外を見ると、四国が見えています。久しぶりに見る四国です。徳島は初めてかな?愛媛と香川には2度ほど行ったことがあります。
 
接岸作業を終えると、いよいよカーデッキへ。スロープを駆け下り、路上へ。は行かず、ターミナルへ直行。ここで帰りの便の予約をしました。船は、偶然またおーしゃんのーす。この航路に4隻就航しているので、どの船になるのかは4分の1の確立になります。順繰りかと思えば、運行しない日もあるので、必ずしも4日間隔とは限らないようです。スタンダードがウエストとイースト、カジュアルがサウス、ノースとくれば、当然次の新造船はデラックス船で、おーしゃんほわいと、おーしゃんぐりーんときて、最後の1隻はおーしゃんせんたーで、3つ乗ると大三元かな?というと、私はあと3隻乗れば大四喜で役満。役満ご祝儀でオーシャン東九フェリー特製クオカードプレゼントなんてサービス、東九さん、採用しませんか?
 
帰りの便も予約できたし、安心したところで一路、土佐昭和を目指します。高速は片側1車線ですが、空いているので苦痛もなくガンガン行けます。日程的には今日はきつめ。常識的な時間にテントを張り終えたいので、いろいろよりたいところもあるのですが、とにかくキングジョーの時のウルトラ警備隊よろしく、西へ進みます。
 
途中、南国SAで休憩。ジャガイモスナックなど、いくつかの食料も調達。そしてまたすぐに車を走らせます。高速を降り、国道381号へ入ると、橋に四万十川の文字が。ああ、この川か。ついに来たな。でも、まだ目的地ではありません。ワインディングが続いて深い森の中に入っていくと、やがて土佐大正。ここから下る手もあります。一度車を止め、川をのぞくと、下れそうな水量はありそうです。それは明日考えることにして、今日は土佐昭和のふるさと交流センターに行きました。午後5時30分到着。キャンプ受付をしに行くと、誰もいません。裏に回ると、管理人ではなさそうな方がいて、尋ねると料金箱にお金を入れればOKとのこと。500円を入れ、早速幕営しました。
 
イメージ 2
全面芝のじゅうたんで、気持ちのいいサイトです。まずはコーヒーを沸かして今日の疲れを癒します。夕食はスープ春雨やサンドイッチなど、簡単に済ませました。すぐに日が落ちてしまい、ランタンを焚いて明かりをとりました。
 
エアマットレスなしでも寝心地はばっちりでした。暑くて、シュラフはかけて使用。とてももぐれません。
 
3日目に続く。