なんてタイトルですが、メスティン自体がそもそもダイソーなわけで。

さて、アルコールストーブを持ち運ぶのにメスティンがケースとしても活躍するのですが、その場合五徳は入らないのです。
PB150085

外せば収まります。でも五徳はどうする?
PB150086

ダイソーには110円でアルコールバーナー用の五徳を売っているじゃないですか。
PB150090

げ、この五徳も入らないのか!微妙に角が当たります。もっと小さいサイズの五徳もあって、メスティンに収まりますと書いてあったのですがやはり風防としての機能も兼ねているので大きめの方がいいかと思ってこっちを買ってしまいました。
PB150088

買い直し?そんな無駄が許される家計ではないのです。角が当たるだけなので、やすりをかけて3カ所の角を丸くしました。
PB150092

角を落としただけで収まるようになりました。最初からこうしてくれればいいのにね。その下に入っているのはこれまたダイソーで売っていたメスティンに収まるまな板です。
PB150093

さらにその上にアルコールストーブを乗せても蓋ができました。
PB150095


まあこんなふうに使うわけですね。大小の組み方があり、こちらは小さい組み方。
PB150096

大きい方で組めば火消し、火力調整蓋も使えますね。
PB150097

問題点は、ストーブがメスティンの中で暴れると傷がついてしまうところです。また、食品を扱うメスティンの内側に地面に置いて使うストーブをそのまま入れるのもよくはないですよね。

そこでケースを作ることにしました。まずは設計から。九太郎さんに頂いた露出計算尺を作るために買ったサークルカッターはまた出番が来ました。
PB150099

生地は古ジーパンです。
PB150101

まあできました。
PB160107
うまく入りました。これなら傷つきも防げるし、ガタツキもないから嫌な音もしなくなります。
PB160108

ジーパン生地はまだ余っているのでメスティンケースも作りましょう。
PB160102

口紐を通す穴はボタンホールで作りました。
PB160104

完成。
PB160109

今日の夕食はカレーにしました。基本グリーンカレーだけどそれがあまり好きでない妻の為に別鍋で普通のカレーも作りました。ごはんはアルコールストーブとメスティンで炊いてみました。と言ってもこのメスティン、1.5合炊きなので容量に問題があり、コッヘルを使用しました。ベランダの物置の上で炊きました。米を研いだらザルに上げて30分置き、さらに分量の水を張ったコッヘルに入れてさらに30分置きます。アルコールストーブ本体の1/3程度までアルコールを入れたら着火。そして五徳の上にコッヘルを置きます。噴いたら火力調整蓋で弱火にします。火が消えてもしばらく置いておき、食べる直前に再び強火力で2分ほど加熱すれば完成。わずかなお焦げが底に、わずかに硬めの立ったご飯が炊けました。

準備は万端、そろそろどこかへ行きたいなあ。





にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村