最近はまっている漫画作家さんの一人が相崎うたう先生です。うたう先生の最新刊、瑠東さんには敵いません!の1巻が発刊されたので早速購入しました。
PA080171

帯にある、「私が”本当の自分”を見せられる相手になってくれる?」という不思議な言葉の意味は、読めばわかります。これ、瑠東さんから主人公へかけられた言葉なのです。瑠東さんは全てにおいて完璧な高校生ですが、それを演じてはいるけど本当はそうではない自分があり、それを見せられる相手が欲しかったと言って接近してくるのですが、あれれ、なぜか???

話の展開がリアルな部分が感じられるのは年齢が舞台と作者が近いからでしょう。文武両道才色兼備でなおかつ誰にでも優しく男女ともに人気がある瑠東さんにある裏の顔、モデルになった人がいるのかな~、あるいは私の身近にもそういう人がいるかも、なんて想像するのも楽しいですね。

この作家はとにかく絵が丁寧で、美少女とオタク少女はまさにそのままが表現されています。微妙な心の浮き沈みの表情を描くのがまたうまい。これ、マジでアニメ化されるかもね。さあ2巻はいつ出るのでしょうか、楽しみです。







ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村