昨日、宝篋山の帰り道のこと。ドン・キホーテに立ち寄りました。ちょっと欲しい物があったのですが、残念ながらそれは見当たりませんでした。じゃあ帰るか。これから母の着替えの交換をしに老健にも行かなければならないし、夕食の用意もしなくてはいけないし。何かと忙しいのです。ん、待て待て、ちょっといいもの見つけちゃったかな?でも時間がないや、悩む時間を節約、買っちゃえ。

買っちゃったのがこれ、コットです。コットはすでに一つ持っているのですが、収納した時の長さが900㎜程もある欠点を持っているのです。

ところが今回購入したこれは、実測520㎜しかありません。重量も3㎏と説明書には記載があります。これならモーターサイクルのキャリアに横向きに縛り付けても左右の飛び出しが許容範囲に収まります。発売元は株式会社ハイハイ、エンブレムにはHiHikeOUTDOORとあります。正直、初めて聞くブランドです。
PA060147

早速組み立ててみましょう。まずは収納バッグのファスナーを開けます。巾着タイプが多い中、ファスナーが付けられているのは使い易く良心的であると感じます。
PA060148

ショックコードでつながれた4本継サイドポール2セット、クランプ付き梁(説明書では脚と表現)が3セット、マットレスに相当する布(説明書ではシートと表現)が1枚、それと収納袋に入った脚(Highポール、高い状態にするために使用)が12本、ラベル兼説明書は収納袋にぶら下げられていました。ポールの収納袋がないのは残念です。いやむしろ、自作するチャンス?だったりして。
PA060152

早速組み立ててみましょう。まずはサイドポールを組み立てます。ショックコードでつながっているので、伸ばしてジョイントをはめ込むだけです。
PA060153

シートの横にあるスリーブにサイドポールを通していきます。途中3カ所、出口もあるのでただ突っ込むだけでは通りません。
PA060154

その代わりエンドは袋とじになっています。
PA060155

左右とも通しました。
PA060156

次は梁を組み立てます。向きを間違えないように、梁にクランプを差し込みます。
PA060157

梁を取り付けます。レバーのついていない方を、サイドポール露出部に引っ掛けます。
PA060160

反対側はレバーについているフックをサイドポールにかませて、レバーを起こしていきます。梃子なので案外軽い力でできます。
PA060163

そのまま握りこむと、ロックがかかります。これを3本取り付けます。
PA060161

出来ました。
PA060165

梁には接地面が付いているので、ロータイプならここを地面に付けます。接地面の前後
にHighポールを入れる穴が付いています。
PA060164

そこへHighポールを入れればハイタイプの完成です。
PA060170

寝てみました。張りは適度で案外寝心地はよさそうでした。やはり一般的なコットに比べると組み立てに手間、時間はかかりますが、収納時の長さが短いのは大きな利点です。この一点だけで買い増しする価値を見出すことができました。アルミパイプの材質はA7075超超ジュラルミンだそうで、耐久性も十分にありそうです。Highポールがただ突っ込むだけで抜けやすいのはちょっと気になります。サイドポールケースがあればなおいいと思います。





にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村