S先生から緊急要請がありました。
「ママチャリの後輪スポークが首のところで破断、東京MERに出動を要請。」
すぐさま返信。
「東京MER了解。」

と、まあ終わってしまったあのドラマ風にスタートさせたわけですが、M=三毛ジャガー E=Enjoy R=Recreation なわけで、自転車いじりさえやらせてもらえればコロナ禍の憂鬱な気分を転換させられる私にとってこの上ない楽しみをいただけたというわけです。というか、これを言い訳に久しぶりにゆっくり会って話し込みましょう、が本当の正解かな?

まずは現況の確認から。ニップルがリムに残っていますが、これは破断したスポークが邪魔で走行できないのでS先生が外したとのこと。
IMG_1163

出張修理に持ち込んだのがこれです。まずはスポークルーラーで元のスポーク長を計測します。290㎜でした。けっこう長めだね。
IMG_1164

困ったことが一つ、ハブ穴が引っ掛け式ではないじゃん。これ、コグ抜かないとスポーク交換できないよ。さて、どうした物か。
IMG_1166

それなら、これはどうだ!300㎜のスポークの首をカットし、290㎜の引っ掛け式スポークを作り出しました。エアロスポークなどでこのタイプがあるので、何とかなるんじゃないかな?
IMG_1167

それでもなかなかうまく行かず、ニップルがチューブをいじめてパンクさせてしまったりしました。いやニップルも交換が必要だ。予備ニップル持って来てよかった~。スポークも3本目で何とか成功。テンションメーターでテンションをそろえ、指先で振れ取り、センター出しをそこそこ行って作業は終了。
IMG_1168

後は奥様の作るすき焼きをお腹いっぱいいただきました。

次は、フリー抜き持って行くのでスポークの完全な交換作業します。また行かなくちゃね。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村