三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

本日の葛飾区の天気 快晴
 
先日、日曜芸人という番組でエコクッキングをやっていました。なぜかこの番組の大ファンである娘は、やってみたくて仕方がありません。数年前にソーラーオーブンで調理したけど、覚えてないのか?
 
ということで、前回は横川の釜めしのどんぶりで釜めしを作りましたが、今回はソーラーオーブンを使って釜めしを作ってみることにしました。材料は前回と同一、米は1.5合にして、舞茸はなかったので入れていません。
 
ソーラーオーブンは10年以上前に、おんぼろ市で買ったのですが、実験的に数回使っただけでずっと眠らせてありました。正直な感想として、実用として使うにはかなり無理があります。
 
実用として使うには無理があるポイント。
 
○熱量が足らず、調理にものすごく時間がかかる。一度セットすると向きを変えるのが大変だが、地球の自転速度から調理中に向きを変えなくてはならないことになる。
 
○放物線反射炉(こう書くとかっこいいけどな)を風船状にして、オーブン(黒塗りコッヘル)を中に入れるので、風に弱い。オーブンをひっくり返してしまうことあり。
 
また、目には良くないです。サングラスをかけるように指示されていますが、遮光率の高いものをかけていても結構くらみます。短時間の作業でできるようにした方がよいでしょう。
 
それはともかく、まずは中身の確認。SOLTACというブランド名がプレスで蓋に入っています。
イメージ 1
オーブンの中に、すべて仕舞えます。左の針金細工は脚で、太陽高度に合わせて高低2段階になります。手前のアルミ箔が放物線反射炉です。
 
さて、さっそく加熱開始。
イメージ 2
太陽高度に合わせて置く位置とスタンドの高さを選ぶことになっていますが、具体的な数値は記されておらず、適当と思われるあたりにしてみます。この状態で1時間、あまり期待せずに開けてみると、熱い!取っ手を軍手で持っていても熱いです。そっと取り出し、蓋を開けてみると、うーん、今一、水気がまだ多く残っています。もう少し入れておけば炊けそうではありましたが、子供らはお腹も空いているのでここで中断、ガス火に5分かけ、強引に完成させました。
 
イメージ 3
 
皿に盛ってみると、こんな感じです。味は火で炊いたものとは明らかに違います。食感がやや硬めなのは低温炊きだからでしょうが、芯からほっこりしていて、遠赤外線でじっくりあぶった感じが出ています。
イメージ 4
 
息子も娘も、おいしい!!と言って食べていました。まあ、エコといえばエコですが、この製品を作るのと販売するのに使ったエネルギーを考えれば、元をとるのはかなり困難でしょう。
 
さて、来月の山行のプランもできてきました。甲府から広河原行のバスに乗り、終点下車が1058。広河原峠へ登り、早川尾根小屋で幕営。2日目は早川尾根縦走し、アサヨ峰を超えて仙水小屋で幕営。3日目に甲斐駒へ登り、北沢峠へ下山。
 
仙丈や北岳から甲斐駒は見てきましたが、登頂は初めてになります。南アルプスの北側は交通の便がいいので長期休暇の取りにくい私には都合の良い山域になっています。名著、「山行十話 晴れの日ばかりが山でなく」(望月孝一、西田書店)を読むと、南、南アルプスの茶臼岳には一度どうしても登らなければ気が済まない気持ちになってきます。しかし、南の南はどうにも交通の便が悪くて、アプローチが長すぎ、何か工夫をしないと短い休暇では満足な山行はできそうもありません。東海フォレストのバスが山小屋宿泊者のみ送迎とか言わず、有料でいいから乗せてくれませんかね。それか、テントあきらめて宿泊するか、ですね。
 
南の南の話のついでに、北の話を一つ。北朝鮮を「北」と書く新聞社がありますが、あれはぜひともやめていただきたい。主筆の気に入らない国かもしれないが、それでも1国ではあるので、きちんと呼称するべきでしょう。正式名称は確かにおかしく、民主主義でも人民共和国でもなく、専制君主制の独裁国家であることは間違いありませんが。
 
そんなことよりなにより、わが高校のクラスにおいて、最も美しく、全男子憧れの君であった(予想。事実は未確認です。)「北」さんと、よりによってあの国とを同じ呼称するとは、C組男子に対する侮辱以外の何物でもありません。
 
先日葬儀で「北」さんにお会いしたので、さらにその思いを強くしました。

ストーブ手入れの次は、クックウェアの準備です。9月に希望した訳ではない3連休が入っていたので、また山に行こうと思っているのですが、平日3連休などとれる家族、友人はいるはずもなく、単独行になります。それに向けて、用具の準備も始めました。
 
テントは単独なので、モンベル モノフレームシェルターヘキサで決定、その他の用品、衣類は八ヶ岳で使ったのでそのまま、問題はクックウェアとストーブです。今回はグルメな妻はいないので、もっと軽いもので、容量も少なくて十分。メニューに合わせて組み合わせを考えました。
 
例によって、山岳用クックウェア全員集合の大号令。あれ、また一人いないぞ。トランギアのメスキットがない。
 
イメージ 1
 
機材紹介。重量は、今実測しました。
 
写真手前から、いちばん左は2重底断熱カップ 110g。保温効果が高いのはいいのですが、同じもの同士のスタッキング性にやや問題有です。重ねると、少し浮いてしまいます。
 
その右はシェラカップ用のふた、チタン製。Haloというメーカー名刻印あり。これが57gと本体よりずいぶん重い。
 
その右はモチヅキのブキセット。スプーン25g、ナイフ20g、フォーク18g、箸7g。山でフォーク、ナイフで食事をするわけもないのに、なぜこの4点セットなのか、謎ですね。
 
いちばん右はモンベルのチタンブキセット。スプーン25g、フォーク20gと、ステンレスより重いのですが、しっかり感はこちらに軍配。ただ、こうして比べると、わざわざ高価な買い物しなくてもよいかな?これは某カヌーショップの閉店セールで購入しました。
 
前から2列目、いちばん左はトランギアの、名称失念。肉厚のあるアルミで、蓋もしっかりはまり、おいしいご飯が炊けます。しかし、フライパンが蓋を兼用し、使いずらいので、現在は非常持ち出し袋の中。360g
 
その右、ステンレスシェラカップ大。大きいし、持ち手や飲み口が熱くならないで食器としての使い勝手は良いです。妻と行くときには、重くても持っていきます。150g。八ヶ岳では3つ持って行ったので、これだけで450g。
 
その右に、2つのシェラカップ。両方ともチタン製。エバニューはやや丈夫、50g。スノーピークは38g。取っ手も短め。
 
その後ろの列、左は八ヶ岳で登場のMSR デュラライト。パックタオル、ハンドル込みで461g。
 
その右から3つ、小、中、大とチタンコッヘル深型が続きます。
 
小はエバニュー、カップが下にはまっています。この中に110gガスカートリッジが収納可能です。容量750ml116g。カップは400ml、60g。
 
中もエバニュー、この中に230gガスカートリッジが収納できます。容量900ml、蓋260ml。重量131g。
 
大はEPI、容量1300ml、蓋400ml、重量176g。
 
この大中小は、スタッキングすることが可能です。全部持っていく必要はないので、大中、中小、いずれかの組み合わせ、もしくは単品で持っていきます。
 
一番後ろはFKコッヘルというアルミ製。大学の時に買ったので、もう23年にもなります。フライパンはテフロン加工、食器を一つ中にしまった状態で全部込みで1,065g。もし、持っていくとしても全部は持っていきませんね。必要な部分だけ持っていきます。
 
そのほかには、こんなものもあります。
 
イメージ 2
左は食器セット。大学のワンゲル部では、食器はゲロッパと呼んでいたアルミの椀で、共同装備だったのですが、女子部員から「人の使ったのいや~!」という声が上がり、個人装備になりました。その時に買ったステンレス食器です。
 
中央は、もう少し大飯を食べられるように買い増ししたものです。、薄いステンレスのコッヘルです。火にかけると、熱伝導率が低いので火の当たるところだけが焦げ付き、かといってチタンほど軽くもなく、しかも大飯を食べる年齢ではなくなったので、今ではほとんど出番がありません。
 
左は大きさの参考用に置いた深型チタンコッヘル 中です。
 
次回のメニューは、軽量化と燃料の節約、食費のコストダウンを図るため、期限がとっくに切れているアルファ米と、余っているフリーズドライ食品、一回だけは豪華に鶏肉を追加して作るレトルト筑前煮にしようと思っています。寒いことを考慮すると、温かいラーメンもほしいところ。チタンで十分でしょう。ラーメンは詰め替え用カップヌードルを使用すれば、中で十分。中小の組み合わせで行きますか。重量は合わせても307g。しかも、蓋やカップ付なので、食器類を他に持つ必要もなし。
 
すると、ストーブも大火力はいらないので、思い切ってアルコールストーブで行こうかな?山域はまだ未定だけど、南アルプス早川尾根からアサヨ峰、最後に駒に登って終わりにしようかと思っています。
 
ずいぶん軽く済みそうです。甲府でお土産買って帰れるな。

先日、集合命令をかけたにもかかわらず不参加だったマルチフエールピーク1ですが、コッヘルの中から発掘しました。以前使ったときに、ここにしまっていたんですね。
 
モデルナンバーでいうと、550Bです。
 
燃焼テストをしようとしたら、タンクのジェネレーターねじ部から圧力漏れを起こしていました。修理のためにばらし、ついでに磨きを入れてみました。真鍮部品はピカールでピカピカになります。
イメージ 1
 
上の写真、右下部品のパッキンが圧力漏れの原因だと思われます。見た目では傷んでいませんが、交換の時期なのかもしれません。さらにこの部品をばらすと、このような具合です。
イメージ 2
 
真鍮を削り出して作った、コールマンにしては!?よい作りです。磨くと、ピカピカになりました。写真いちばん右の、黒いOリングが気密を保てなくなっているようです。タンクのOリングが入る部分の作りは荒いので、柔軟性が失われると辛いでしょう。ここはやっぱりコールマンだ!?
 
圧力漏れは掃除だけでは治らず、かといってパッキンの予備も持ち合わせていないので、配管テープを巻いてねじ込んでみました。一発で圧力漏れは止まり、とりあえずは使えそうです。もちろんイレギュラーな整備なので、お勧めはできかねます。
 
燃焼テストをしてみました。ピーク1らしい、静かで青い焔がよみがえりました。得意の弱火もばっちり利きます。
イメージ 3
 
このストーブの良さは、この時代には珍しくプレヒートが要らないこと、そしてガソリン以外の燃料も使えること。ただし、ほかの燃料を使うにはいろいろ儀式が必要で、かなり面倒くさいうえ、ガソリンほどきれいな燃焼にならないので、事実上ガソリン専用機と変わらないかもしれません。
 
欠点は、コールマン全般に言えますが、ポンピングがえらく面倒なこと。穴を指でふさがなくてはならない構造で、しかもタンク内の圧縮空気を利用してキャブレター風に燃料を気化しているので、温度が低いうちはとにかくポンピングがサボれません。ある程度の温度になると自動加圧のような感じで安定はするのですが、油断はできません。ご飯を炊いていると、最後の方に息切れ、追加ポンピングを余儀なくされます。ただし、ご飯を炊くには良い火加減なので、それでも使っていましたが。
 
そのほかの欠点は、五徳と燃焼ヘッドの構造上の弱さがあります。いちばん上の写真、右上の、アルミのリングがタンクの上に乗り、バーナ-ヘッドを支えるのですが、これが弱くて折れてしまい、ヘッドが傾くことがあります。アルミの板を切ってリベットでリングにしただけなので、重い鍋などは怖くて載せられません。
 
また、五徳そのものも薄い鉄なのですが、バーナーヘッドに1本のねじで留まっているだけ、大きく見える五徳の外のリングは宙に浮いています。
 
 
私が高校生の時、ワンゲル部に在籍していたのですが、その当時の部の最新鋭機がピーク1でした。2レバー式で、プレヒート要らずの性能に驚嘆しました。合宿などでは人数が多かったので111やホエーブス625を使用していましたが、個人山行では備品を借りて持って行ったことがあります。機械としての美しさまで感じ、憧れを持って接していました。しかし、長く付き合うと、いろいろ欠点が目につくようになりました。特にポンピングは大変で、自動加圧の725や123Rを使ってしまうと、プレヒートした方がよっぽどまし、という感じになって、わたくし以外の部員も含め、誰からも見向きもされなくなってしまいました。その後はどうかというと、私の2年下の後輩たちから、EPIに切り替わっています。大学のワンゲル部ではそもそもピーク1は備品にもなく、個人所有もゼロという状態でした。
 
そんなピーク1でしたが、社会人になってからもっとも進化したピーク1、という触れ込みなので、つい買ってしまいました。山行ではほとんど使いませんでしたが、カヌーツアーやスキーではおいしいご飯を炊く必要から大いにその活躍の場を持ちました。せっかく修理したので、また使って見ることにしますか。
 
ただし、シーカヤックのお供には全く向きません。鉄部品が多いので、塩分の多い状況には置きたくないからです。


顔アイコン
葦立のSさん、息子さん、お元気そうで何よりです。
アウトドアやってますね!
Peak-Ⅰ使ってますね。僕も愛用です。ガス式より複雑で重いし故障しやすいのが難点ですが、寒くても使えるので捨てられませんね。
はじめて訪問しました。これから宜しくね。 削除
2012/8/24(金) 午後 7:59
返信する
顔アイコン
山のmochiさん、コメントありがとうございます。mochiさんのブログは隅々まで拝読いたしました。素晴らしい活動をされていますね。最近の父はパソコン相手に囲碁ばかり打っております。年なので、涼しくなるまでは仕方がありませんが。 削除
2012/8/24(金) 午後 10:41
返信する

妻が、洗濯物が臭くて困るというので、マニュアル通りに洗濯機の洗浄をしました。2か月に一回のスケジュールで、洗濯機の槽洗浄は実施してきています。
 
次亜塩素酸ナトリウムをドラムに入れ、槽洗浄コース11時間を選択、しっかりと洗浄してみました。ところが、その次の洗濯物も、やはり匂うのです。そこで、YOUTUBEで話題の過炭酸ナトリウムを使用してみることにしました。
 
ホームセンターで過炭酸ナトリウム系の槽洗浄剤を購入。1回分使いきりで135円でした。これをドラムに入れ、槽洗浄11時間コースで実施。終了後、糸くずフィルターを抜いてみて、おお、なんじゃこれは!
 
イメージ 1
 
次亜塩素酸ナトリウム洗浄したばかりなのに、この効果。さて、明日の洗濯物のにおいはどうでしょうか。
 
ちなみに、洗濯機は日立BD-V3200です。落差の大きな叩き洗いができるので、洗浄力は抜群でしょう。その分、タオルのごわごわ感も1番かも。風アイロン乾燥をかければふわふわになるので、タオルだけは乾燥機を使うことが多いです。
 
ドラム式は洗濯の様子を見ているだけで面白いのですが、メンテナンスはこまめにやる必要があるので、まめな人向きかも。
 
 
 
今日、仕事が終わってからそのまま葬儀場へ直行。高校の同級生の訃報があり、葬儀に駆けつけました。まだまだ母を必要とする年齢の子を残された父親の姿を見るのは大変に辛かったです。何もできず、ただ式に参列するだけではありましたが、今、わたくしにできる精いっぱいのことなので、参列に間に合ってよかったです。
残された父子に、幸多からんことを心より祈念しています。

↑このページのトップヘ