三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

コミネ本社アウトレットで購入したウインターグローブ、コミネGK-780スーパーフィットカーボンウインターグローブ-ディオを使用していますが、さすがにくたびれてきました。そろそろ更新しなくてはいけません。と感じてから1年が過ぎようとしています。その間に特価品が出るのをひたすら待ち続けていました。

これがくたびれてきたGK‐780です。
P9091635

見るからにアレですが、細部を見ると結構ひどいことになっています。カフストラップのこれが剥がれていたり。
P9091639

掌の皮もけば立っています。
P9091641

一番の問題点はここでしょう、コミネの再帰反射材ブランドロゴが剥がれてきたところです。せっかくのコミネなのに、これでは使えませんよね。いや冗談、本当はこっちです。左手人差し指に穴が開いていしまいました。それでも昨冬をこれで過ごせたのは、ウインドーストッパーのフィルムが入っていて風を感じることはなかったからです。あとコロナで遠出していないことや、本当に寒い時にはこれを使っていないという事もあります。
P9091644

本当に寒い時にはこっち、コミネの電熱グローブGK-804カシウスを使います。
P9091634

このカシウス、電気を使用しなくてもウインターグローブとして十分な機能をすると説明書きにはあるのですが、何しろ高価な製品ですからやたらに使って穴を開けたり断線させたりはしたくないので本当に必要な時だけにしたいのです。

今年度版のカタログを穴が開くほど読み込み、また昨年コミネファンの私が浮気をしてFIVEのスタントEVOメッシュグローブを購入した感想などを加えて、以下の結論に達しました。

◯CE規格を得ている製品なら転倒時の脱げにくさ、衝撃吸収力(プロテクターレスというカテゴリーもあるが)、耐滑走性能などが基準以上の性能が保証されているので安心できる。

◯コミネの上級モデルはFIVEと定価はあまり変わらないくらいだが、安全性能も甲乙つけがたい。しかも待っていると時として大特価の場合がある。

つまりは、コミネのCE規格グローブが大特価になるのを待って買うのが正解という事になると思ったのです。そしてその正解は一昨日訪れました。すかさずぽちっとしました。そして、本日到着。
P9091651

サイズは、コミネのガイドでは私はLに相当するのですが、カシウスがXLでも指の長さが足らず、また親指を大きく開くと人差し指とのアーチに浮きが出てしまってグリップを握れなくなるので今回は2XLにしてみました。2XLだけ超特価という面もあるにはあるのですが、これはほんとうにたまたまです。
P9091652

早速製品を見ていきましょう。ハードナックルプロテクターが付いています。
P9091654

指の衝撃吸収パッドも付いています。さすがはCE規格です。
P9091664

でも、GK‐780はナックルがカーボン、衝撃吸収パッドもより厚みがあり、さらに指の曲げ伸ばしがしやすいシャーリングが入っています。こっちの方がグレード的には上だなあ。
P9091665

カフのストラップはGK‐827は内側に太いストラップで留めるようになっています。脱げにくさはCE検査済みです。
P9091657

GK-780は外側に、あれ、手首で固定するストラップと2段階ですから、こちらの方がより脱げにくいような感じですね。カフの方はジャケットの袖に合わせて使えます。こっちの方が上だなあ。
P9091636

内側は起毛の生地で暖かいと謳っています。
P9091668

GK-780 は手首から深い起毛です。こっちの方が温かいかも!
P9091667

サイズの違いはここに出ます。親指の付け根が離れない!
P9091661

Lサイズでは全くダメ、ここの糸を抜いて親指がフリー縫動くようにしました。写真で分かりやすいようにめくっていますが、ここに黒いナイロン布を入れて縫合してあります。見た目的には内側が見えないようにしています。
P9091646

コミネのロゴが反射するのは歴代モデルの特徴を引き継いでいますね。
P9091655

スマートフォン操作のためにSmartTipがついています。でもこれちょっと使いにくいですね。先端に小さくついているといいのですが。指の腹だとどこを触っているのかわからないし、面積が大きすぎて反応しなかったり、逆にあらぬ部分に反応させてしまいます。何回か試していたら電話をかけそうになってびっくり、手袋を外して止めました。タグでは先端についている絵になっているのになあ。
P9091656

手首の外側の関節と尺骨を守るプロテクターが付いています。ここはGK‐827のCE規格グローブの面目躍如といったところでしょうか。その代わり右手親指にシールドワイパーはついていません。あれ、結構便利だったんだけどな。
P9091663


GK-780の代替として購入しましたが、グレードアップではなくややダウンした感じもしてしまいますね。購入価格は定価の半額以下、支払いはアフィリエイトのAmazonポイントとd払いの誕生プレゼントポイントで購入しましたので、現金での支払いは全くゼロでありました。1年弱をかけた執念の購入ですからね。寒くなったら活躍することでしょう。

本当に、活躍できるのかなあ。緊急事態宣言はまたまた、また伸びてしまいましたね。





にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

ここのところぐずついた天気が続いていましたが、ようやく休みの朝に晴れ間を見ることができました。今日は何する?

まずは老健でお世話になっている母の用事を済ませます。それから本日の同行者のご自宅へ迎えに行きました。今日の同行者の登場は3年ぶりかな、下の記事でご一緒した会社の仲間、Sさんです。
 

行先は手賀沼ですが、その前に食品の買いこみを済ませます。二人ともワクチンを2回済ませて1か月が過ぎた所ではありますが、なにしろ緊急事態宣言下ですから、よその土地での買い物は避けるに越したことはないのです。

車内の冷蔵庫へ食品を移し替えたら、いよいよ出発です。昔なじみの方ですから、亡くなられた元同僚の話や現在の身体の病気のことなどを心置きなくしゃべることができました。マスクしながらというのはしゃべりにくいものですが、インナーフレームを入れていたので私はよどみなくおしゃべりを楽しむことができました。

手賀沼に行く前に腹ごしらえをしましょう。河原で昼食にしました。熱源は今回はダイソーの着火炭を使用しました。タラスブルバのストーブに並べて、ゲル状着火剤を塗ってそこへ着火します。冒険少年で見て人力による着火に憧れがあったので、今回はファイヤースターターを使用しました。これなんとダイソーブランドで110円税込みで購入したものです。思い切ってこすると激しく火花が飛び散り、一発で着火しました。ゲル状着火剤を使用しているあたりはちょっとインチキかな?ふーふータイムが無くてもいきなり炎が上がりますからね。
着火

研いで水に浸けてきた米をダイソーメスティンに入れて、ストーブに乗せます。
P9081620

ご飯が炊けるまで、ま、一杯いきましょう。ノンアルビールで乾杯。
P9081622

ご飯が噴いてきたら、メスティンを火から下ろしてストーブの壁面からの伝導熱で蒸らします。空いた上にはこれまたダイソーのスキレットパンに牛脂を融かして牛ハラミを焼きます。
P9081624

野菜もたっぷりと。
P9081627

ソーセージも焼こうぜ。ごはんも炊けたよ。完璧な炊きあがり!
P9081628

食べたら、手賀沼に移動します。手賀沼の一番東側の駐車場に車を入れます。ちょっと準備するから寝て待っててね。
P9081629

Sさんはこれ、トラさん号です。私はインラインローラースケートを履きます。
P9081630

道の駅しょうなん目指して、サイクリングロードをGO!微風で気温も適度といい感じではあるのですが、しょっぱなから霧雨が顔に当たります。これ大丈夫かな?

振り返り、Sさんにどうするか相談します。道の駅までだったら持ちそうですから、行っちゃいましょうという返事。よし、行くぞ。

が、しかし、無情にも雨脚は強くなってきました。こりゃだめだ、ウイールがスリップして駆動力を産まなくなってきたよ。ごめん、戻ろう。

戻る途中で雨は霧雨になってきました。道路もほとんど濡れていません。これはあれだな、向こうだけ降っているんだね。

道の駅しょうなんには車で向かいました。
P9081631

あれ、今日は物産展定休日だって!なんてついていないんでしょう。
P9081633

スズメバチの巣だけ見て帰りましょう
P9081632

Sさんはなかなかのイケメンで、話も面白く、一緒にいると時間が過ぎるのが早く感じます。まずは緊急事態宣言の終了を待って、それからどこかへ一緒に行きましょう。次は何しようかな。海か川か、それともモーターサイクルツーリング?無理のない範囲でお付き合いください。






にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

「今日ふぐ食べに帰ります。18時頃練習後に直接そちらに行きます。」

息子から家族のグループLINEに連絡が入りました。娘は、

「なんで帰ってくるの!1/3が1/4になっちゃうじゃん。」

そう、今日の夕食はふぐなのです。

ふぐ!

しかもそれ、天然物の巨大なトラフグで銀座で食べるにはお一人様6万円は下らない店に行かなければ口にすることはできない超高級魚です。なんでそれが我が家に来るのかって?

食べ終わった今でも信じられません。話は7月17日に始まります。山のmochiさんから、愛車ST250Etypeの譲渡先を探してほしいと連絡があり、もらってくれる方を探した結果がIさんであることは先日記したとおりです。最適な譲り相手が見つかったので一安心、ほっとしていたところだったのですが、Iさんからお礼がしたい、何がいいのか検討した結果これになった、という事です。Iさんは高級和食店の調理師なのです。

夕方、息子さんを荷物持ちに連れIさんは現れました。これがてっさ。P9051580

こっちがてっちり。
P9051582

食べ方を聞き、メモに残します。間違ってはいけないし、せっかくだから最良の食べ方でいただきたいからです。

まずは昆布で出汁を取ります。火にかけず、しばらく置いておきます。
P9051584

やがて息子から連絡が入り、駅まで迎えに行きました。帰ってきたら、いよいよ調理開始。味の素のほんだしを入れ火にかけます。
P9051587

沸騰寸前に昆布は引き揚げます。
P9051588

まずは野菜を投入します。
P9051591

薬味も準備完了。分葱は半分取ってあります。取り皿には薬味と味ぽんを入れておきます。
P9051595

せっかくだからと妻が作ってくれたのが茶碗蒸しです。
P9051589

てっさをいただきましょう。てっさとは、テッポウの刺身の略だそうです。大阪では当たると死ぬからふぐをテッポウと隠語で呼ぶのだそうです。
P9051590

分葱を乗せ、紅葉おろしを絡めて巻きます。
P9051599

スダチを絞って味ぽんをチョンと付けて口に運びます。
P9051600

「何このおいしさ、これ凄すぎ!」
息子が悲鳴もどきの歓声をあげます。紅葉おろしは辛みが付けられているので控えめの方が良いようです。
「ふぐがこんなにおいしいなんて、知らなかった~。」
そうかそうか、実は私も50年以上の人生経験で初めてなのですよ。いや、ふぐ刺しは食べたことありますよ。おいしさは知っていました。でもね、ここまでのおいしさではなかったのです。やはり同じふぐとはいっても、ピンキリがあるのでしょう。これはピンの中のピンなのです。


さあてっちりです。これも略称で、テッポウのちり鍋なのだそうです。部位によって加熱の仕方が違うので、まずはこれから行きましょう。皮は30秒だけ湯がいて食べるのです。
P9051592

10秒前、、、、5、4、3、2、1、よし今だ!
P9051603

これがトラフグの皮です。口に入れてビックリ、この不思議な噛み応えは何!
P9051602

うひょー、すんごくうまい!!娘と息子の悲鳴になりそうな歓声が上がります。コリコリした歯ごたえと濃い味がします。

骨付きの部分は2分30秒。皮の食感とは全く違うのですが、弾力は強めで深い味わいがあります。
P9051604

身の部分は普通に煮込みます。これがふぐか、いやこれこそふぐなのか!
P9051607

結構お腹良くなってきたね。そりゃそうだ、みんな食べちゃったからね。でも楽しみはまだまだありますよ。塩、しょうゆ少々、酒90mℓを入れます。
P9051611

炊き立てご飯を水で洗い、鍋に投入します。
P9051612

卵を溶いて入れ蓋をして蒸らします。頃合いに蓋を開け、とっておいた分葱を入れます。
P9051614

出来たかな?
P9051615

ふぐ雑炊です。お腹いっぱいだったんじゃないの?え、もういっぱい食べるの!そういう私も2杯食べてしまいました。
P9051618

「これオートバイ譲ったらごちそうしてくれたんでしょう、もう一台譲りなよ。」
「お父さんのもあげちゃえば。」

Iさんのガレージにモーターサイクルがずらりと並ぶ日も近いかもしれません。





ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

バッテリーが完全にあがっていてもはや使用不能です。機種は4Riders Interphone V4です。私が一番最初に買った機種ですね。
P8300111

しかも本体はベタベタになっています。原因は表面に塗られていたポリウレタン系の塗装が加水分解されたか、もしくは妖怪の仕業なのか、どちらかだと思うのですがどちらの「化学(ばけがく)」にも詳しくないので原因追及はあきらめるとして、これの対策も考えなければなりませんね。

内臓電池の交換は本体を開ける必要があります。裏にトルクスネジが見えるのですが、何とこれはダミーであると九太郎さんから報告が上がっていました。見えない所のおしゃれなので設計は江戸っ子なのでしょうか?それとも深圳にも粋な人がいるのかな。いずれにしても、これ無駄だからその分安くしてくれよな~。
P8300112

カッターで接着をはがし、割ります。
P8300115

割と簡単に開きました。
P8300116

交換するバッテリーは山のmochiさんから頂いています。
P8300114

電圧は一緒の3.7V、電池容量は純正が500mA/hに対して頂いた物は2.5倍もある1250mA/h!このサイズで入るのかな?
P8300118

一旦ケースに収めてみました。うん、ちゃんと入りますね。むしろこっちの方がぴったりくるくらいです。
P8300119

入ることが確認できたので作業の継続をします。バッテリーはターミナルを使わずに直接基盤に半田付けされています。
P8300117

それをはずして、カプラーを切り落とした線を半田で付け直します。
P8300120

純正がマスキングテープのような物で固定されていたので、その辺にあったマスキングテープで基盤に固定しました。
P8300121

ケースを戻します。使用した接着剤はこれ、ゴリラグルーです。これでガッチリくっつけちゃいましょう。
P8300122

ゴリラグルーは耐水性で野外で使う物の接着にも使えるし、様々な材質で使える上に湿度で硬化反応するので使い安く、ガッチリと固定できます。最近最も信頼していて出番多い接着剤です。


日陰で圧着します。
P8300124

完全に接着剤が硬化したら、次はベトベト対策です。これはもう、ペイント薄め液で拭き取ってしまいましょう。
P8300126

で、完成なのですが、困ったことが一つ。充電ケーブルが無いのです。山のmochiさんか九太郎さん、V4用充電ケーブルがあればお声がけください。

シグナスおじさん、これにスピーカーマイクセット、ヘルメット装着金具、取説、さらに元箱までありますが、要りますか?恐らくビーコムとも接続できるでしょうし、できなくても携帯とペアリングしてライン通話で走行中話すことはできるはずです。M1-SPLUS導入前の三毛ジャガーツーリングクラブの主力機種でしたが2台出の使用では不便は感じませんでした。欲しい場合は連絡をください。







にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ