三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

そもそもは昨日行くつもりだったのです。しかも両神山へ。しかし、その前の日に息子から連絡があり、転職するにあたって保証人になって欲しいのでサインと免許証のコピーが必要とのこと。で、昨日朝に迎えに行くことになりました。

エスティマとV-STROMどっちがいい?
「新しいバイク乗ってみたい。」

ということで、先日購入したリードのヘルメットをトップケースに入れて迎えに行きました。就職するにあたっての書類をそろえ、サインしたりあれこれコピーして貼り付けたりとしていたらもう昼時です。娘もたまたま休みだったので、3人で何か食べに行こうぜ。何がいい?

「寿司」
「焼肉」

「あ、俺焼肉でもいいよ。」

アプリから予約して向かったのはここ、松戸八ヶ崎の焼肉キングです。さすがに3人なのでベトナムじゃあるまいし、オートバイというわけにはいかずこっちにはタントで向かいました。

ここはおとっつあんの経済力の見せ所。俺のおごりだからどんどん注文していいぜ。(本当は食べ放題)
IMG_5765 (カスタム)

それから息子を送り届け、自宅に帰りました。ひどく疲れを感じたので溜まっていた虎に翼をまとめて観て追いついたところでかるーく夕食を済ませて寝てしまいました。

**************************

そして今日。連休なのは大変ありがたいですね。でも昨日疲れて準備をしていなかったことと、疲れがなかなか抜けずだらだらとしてしまい、出発が9時近くなってしまったこともあって今日も東秩父に向かいました。

嵐山小川ICで降りて東秩父に向かっていると、前方を走る3台のモーターサイクルに信号で追いついてしまいました。行先もどうやら一緒で東秩父和紙の里の様子。4台目になって集団で走行し、和紙の里の2輪駐車場にも一緒に入りました。
101_0541 (カスタム)

「途中で1台増えちゃったね。」
すいません、ついてきちゃいました。
「どちらからですか?」
葛飾区です。
「ああ、結構遠いですね。暑かったからきつかったでしょう。」
「今日は暑いですね。この間まで寒くて参ってたけど。」

夏は暑いし冬は寒いし、転ぶと痛いし、ね。

「最高ですね。こんな素晴らしい乗り物他にはなかなかないですね。」
「ライダーは基本変態ばかりだ。」

この3人のライダーは油冷バンディット1200、ニンジャ1000、アプリリアの125となかなかの変態ぞろいでした。その向こうに見える白い水冷バンディット1250はまた違う方です。
101_0542 (カスタム)

駐車させてもらうのでまずは買い物をしましょう。お昼ご飯用にカツサンドを、そしてジャスミン茶を購入しました。さあそれでは、11:26出発。
101_0543 (カスタム)

和紙の里を通過して縦走路へ入ります。入口はこのアンベール橋と名付けられたフランスとゆかりのある橋でした。
101_0546 (カスタム)

橋を渡ってすぐ、目の前を2匹の動物がじゃれあいながら横切りました。ネズミの大きめのやつに見えましたが、なんという動物なのでしょう。
101_0549 (カスタム)

縦走路と言ってもしばらくは舗装路です。日向はとにかく暑い!アスファルトに蓄熱されて焼けるような暑さです。
101_0550 (カスタム)

途中分岐があり、いかにも登山道っぽいのですが違います。何かの研究に使われているようです。
101_0552 (カスタム)

さすがにここからは登山道ですね。案内がある通り右に入ります。
101_0553 (カスタム)

ショートカット登山道ではありますが、なかなか雰囲気のある道です。少し涼しさを感じられます。
101_0554 (カスタム)

右側が切れています。こういう道を歩いているから、寝ていて足を踏み外してがっくんという夢をよく見るのでしょうね。でもまあ、ここは危険をさほど感じませんでしたが。
101_0555 (カスタム)

一旦舗装路へ出ます。
101_0556 (カスタム)

ポツンと一軒家かと思いきや、集落になっていました。車無しでは暮らせないでしょうね。不便かもしれませんが、そこが良いところかもしれません。退職してからなら、こういうところに住むのも悪くはないなあ。
101_0558 (カスタム)

ここを左へ。この先でショートカット登山道は右へ行くのです。地図に迷の文字がありますが、私もショートカットに入り口を素通りして車道をそのまま歩いてしまいちょっと遠回りしてしまいました。
101_0559 (カスタム)

さすがにこっちはわかりました。ここを左ですね。
101_0560 (カスタム)

登山道は深くえぐれています。登山道の付け替えはいつか必要になってしまいますかね~。登山者の一人として申し訳なさも感じます。
101_0563 (カスタム)

車道に出ますが、その反対側からまたショートカット登山道に入れます。
101_0564 (カスタム)

そしてまた車道へ。
101_0567 (カスタム)

やがて道は斜度を緩め、いよいよファイナルアプローチ。
101_0568 (カスタム)

13:30、笠山西峰登頂!
101_0570 (カスタム)

双耳峰なので東峰もあります。こっちにもいかなくては。コースタイムでわずかに5分ですから。
東は神社がありました。ここでお昼ご飯を頂きましょう。
101_0573 (カスタム)

カツサンド、レーションと東京都のお水です。購入したジャスミン茶600㎖はすでに消費してしまっています。
101_0576 (カスタム)

樹林の間からではありますが、眺望もそこそこ楽しめます。
101_0575 (カスタム)

東峰の山頂標は西と比べるとずいぶん小さかったです。
101_0578 (カスタム)

さて、帰りはまたまた白石車庫からバスで戻るので、バス時刻に合わせてコースを考えます。今は13:47。バスは14:43。もう1時間もないけど、最短ルートだと時間が余っちゃいそうだな。

ひとまず西峰で正面からもう一度写真を撮っておこう。13:51、下山開始。
101_0579 (カスタム)

下山は笠山峠を経由することにしました。そちらへ向かいます。
101_0580 (カスタム)

下山路も車道のショートカットになっています。歩かなくても来れてしまうという、この辺りがこの山の残念ポイントかな。
101_0581 (カスタム)

ここを右に入れば笠山峠のはず。
101_0582 (カスタム)

え、ここが笠山峠?なんか思っていたのと違うぞ。
101_0583 (カスタム)

その先に進むと車道に出ました。がしかし、なんと通行止め!こりゃまずい、バスに乗れなくなっちゃう。
101_0584 (カスタム)

山と高原地図では林道にコース線が引かれていますが、YAMAPを確認するとそのすぐ手前に登山道がありました。こっちが正解でした。ここを左に行きます。
101_0585 (カスタム)

車道に出てもこのようにまたショートカット登山道が出てきます。
101_0587 (カスタム)

歩きやすくてペースが上がります。これなら十分バスに間に合いそうだぞ。
101_0588 (カスタム)

ここからは車道歩きです。苔が生えていたり濡れていたりするので滑りやすく、急ぎすぎると転んでしまうでしょう。
101_0590 (カスタム)

さあもうじきバス車庫ですよ。
101_0592 (カスタム)

バスの発車10分前の14時33分に到着しました。バス車内で下山報告を入れました。
101_0593 (カスタム)

バスで和紙の里に戻ってきました。そこには私と同系統の中華フルパニアのV-STROM250がいました。オーナーとは会えなかったのは残念です。
101_0594 (カスタム)

長く停めさせてもらったので、もう一度買い物をしました。水分の補給とお土産用のご当地パンを買いました。

R254が渋滞していたこともあり、水分の補給のため三芳SAに立ち寄りました。
IMG_5771 (カスタム)

渋滞にはまるとここから熱風が噴き出てくる気がします。1番シリンダーと2番シリンダーのエキパイが右ステップの下で合流、さらに奥にはバイパス路もあって複雑にパイプが入り組んでいます。ここで暖められた空気が上に上がってくるのでしょう。
IMG_5773 (カスタム)
今日家を出る時にリセットしたオンボード燃費は32.8㎞を示していました。先週の北茨城ツーリングの途中で給油してから給油していませんでしたが、この好燃費では何とか間に合いそうな気配です。しかし家まではいくらなんでも怖いので、三郷のコストコへ立ち寄ることにしました。

外環道へ入ると川口付近での事故の影響で大渋滞。メーターのrange(タンク内ガソリンでの走行可能距離)はナビの残り距離の20㎞も多くもあったのですが、が渋滞の中で燃費が落ちて途中で逆転、3㎞ほど不足するようになってしまいました。三郷西で降りたところでついに残り===になってしまいました。しかしまだしばらくは走れるでしょう。とにかく高速でガス欠にならなくてよかったよ。

なんとかなどりついたGS。給油はメーカー推奨の位置まで入れて18.55Lでした。まだ1.5Lくらいは入っていた計算です。最後まで使えるかどうか、揺れてガソリンが落ちなくなったりしないか、など不安はありますが。やはり早めの給油が安全ですね。
IMG_5774 (カスタム)

さらにホームセンターにも立ち寄りました。おっとベルシスX250がいましたね。純正の樹脂サイドケースとホムセン箱トップケースで仕立てられていました。オーナーとは会えず。残念。
IMG_5776 (カスタム)

右足の暑さをどうした物でしょうね。メッシュライディングシューズを履いていたからでしょうか、ブーツならましかな?

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村





昨日書いたとおり、タンクバッグのファスナーが壊れて使用不能になりました。
使っていたバッグはタナックスのタンクバッグライトというモデルで、ヤフオクで中古を購入してからもう10年目になります。
101_0536

ここが壊れたエレメントです。これではファスナーのスライダーが通過できません。角の部分なのでやはり無理が来るのでしょうか。
101_0535

このタンクバッグで困ったことが二つ、コインポケットがないので料金所で面倒なこと、もう一つはツーリングマップルのページをめくる時に抜いて、再び差さなければいけないことです。そこで自分で改良を加えました。コインポケットは自作しました。防犯上外せるようにしておきたかったので、上はオープンファスナーで、下は面ファスナーで固定しました。
101_0537

こんな風にコインホルダーと、小さいポケットも中にしつらえてあります。こちらにはあらかじめ料金がわかっている時に小さい袋にあらかじめ分けておいてそのまま支払えるようにしていました。
101_0539

地図の方はマップケースの底を抜いて、メインコンパートメントに蓋を作ることでファスナーを開くとマップケースが全開になるようにしました。本来ツーリングマップル用のケースでしたが、この改造でマップルRも使えるようになりました。
IMG_4171

さて、次はどうしようかなあ。この便利さを引き継げるものがいいのですが。

〇同じタンクバッグライトを買って同じ改造をする(若干のマイナーチェンジはあるけどまだ販売しています。)
https://amzn.to/3yVpKrs

〇タナックスラリータンクバッグを購入(アドベンチャーモデルのタンク形状に合わせて作られている大容量モデル)
https://amzn.to/3VzzPTK

〇タナックスオフロードタンクバッグ3(ラリーの容量を減らし、簡素化したようなモデル)
https://amzn.to/3xcBe9G

〇コミネツアラータンクバッグ(アドベンチャーモデルのタンクに合わせた形状の製品の中ではシンプルで安価)
https://amzn.to/3VCM8yV

この辺りが候補なのですが、もう一つ違う考え方もありまして。というのも、乗車中に便利なのはやはり上記のような製品ですが、簡単脱着で給油に便利、タンクも傷つけにくい、さらに車両から取り外す部分にもコンパートメントにもロックがかけられて盗難防止にもなるというのがクリックシステムのバッグです。バッグ以外に車種別のフィッテングキットが必要にはなりますし、紙地図派の私にはマップケースを持たない製品がほとんどでなかなか困ったものなのですが、登山の足などに使うのでロックできるというのは大きなメリットです。

〇シャッド E091CL
https://amzn.to/4bZ3gok

〇ロックのないタイプですが、スズキ純正もあってこちらならつかないという心配はなくて安心です。


7月のアルプス登山までには結論を出して購入する予定です。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村







2024年6月7日当直明け

スマホを会社にもっていかなかった私は、帰宅してラインを確認してびっくり!なんとNチェブさんがコロナに感染してしまった!明日のツーリングはどうしよう。料理長はそもそもが仕事で不参加決定の中、もう一人のメンバー九太郎さんに打診します。
〇二人で予定通り行く
〇コースは取っておいて、違うコースで行く
〇中止にする

しばらくして、やはり二人になっても行こうという結論に達し、ちょっとコースをアレンジいたしました。そしてもう一つ衝撃的な出来事が私に降りかかりました。タンクバッグのファスナーが壊れた!紙地図派の私には大変な事態です。これを打開する方法は、

1タンクバッグを修理
2タンクバッグを買いに行く
3地図を頭に叩き込む

しか思いつかず、1は時間的にも技術的にも到底無理、2は買いに行く時間がないのでこちらも無理、最後の手段の3を実行することにして、まずはツーリングの準備をしました。洗車と空気圧にチェーン給油、荷物を揃えて積載、ヘルメットのシールドをプレクサスで清掃コーティング(先日の秩父で虫だらけになっていますからね)いやそれ以外家事にもいろいろとやることが山積しているというのもあるのです。

6月8日
8時に守谷SA集合なので、7時15分頃家を出ました。脚はもちろんV-STROM650 です。ラインのグループ通話にしてインカムで他のメンバーの参加を待ちます。

三郷から常磐道に乗ります。
001 (カスタム)

常磐道の料金所手前で九太郎さんとつながりました。
今どこ?
「守谷SAにいます。ラインのグループ通話来ているの気が付かなくて。」
こちらはもうじき料金所。ちょっと渋滞していますが、集合時刻前には到着できるかな。

料金所を過ぎたら渋滞は解消され、集合時刻15分前に守谷SAに到着しました。今日は土曜日、そして天気も良いのでこうなることは予想していましたが、それにしても多くのライダーが集まっていました。
002 (カスタム)

インカムをつないで、コースの確認をしたら出発。インカムで会話しながらの走行はそれは楽しいものです。左走行車線のトラックに合わせた速度で走ったところ、瞬間燃費計は35㎞/Lを下回ることはほとんどなく、家を出る時にリセットした距離計2の燃費計は36.0㎞/Lと驚異的な数字を示していました。

常磐道から北関東道に入ります。
003 (カスタム)

そして友部で降ります。ここからは守谷SAで確認した道を記憶を頼りに進むのです。
004 (カスタム)

計画にはなかった道ですが、こちらもなかなかによい道でした。バンディットやMT‐25でもきっと楽しめることでしょう。
005 (カスタム)

守谷SAではショートカットするつもりでしたが、分岐の案内がいまひとつわからず結局当初の予定通り福原西交差点でR50に出ました。
006 (カスタム)

ここからはあらかじめ覚えていた道なので間違いはありません。石井の交差点で県道1号線へ、
007 (カスタム)

次の交差点を右、ここからビーフラインです。
008 (カスタム)

このビーフラインを走ることを計画に盛り込んだのは正解だったでしょう。道もよければ景色ももちろんよく、交通量は少なめで気持ちよく走れます。
009 (カスタム)

ビーフラインはまっすぐな一本道というわけではなく、県道112号線と合流したりして辿るのは容易ではありませんが、ビーフラインだけを走ることに固執しなければ普通にR123に出ることができます。そして大桂大橋入口交差点で右折、橋の方へ向かいます。
010大桂大橋交差点 (カスタム)

大桂大橋で那珂川を渡ります。
011大桂大橋 (カスタム)

渡ってもまだまだビーフラインは続きます。
012 (カスタム)

R118とぶつかったところの交差点名がビーフライン入口です。ここまでがビーフラインだったのでしょう。ここを右に曲がったところにガソリンスタンドがあります。インカムで九太郎さんに尋ねたところ、まだまだ大丈夫そうというので見送りました。
013ビーフライン入口 (カスタム)

ビーフライン入口から3㎞ほどで本来の昼食ポイントであった道の駅常陸大宮に到着です。

ボルティとV-STROM650 と。
IMG_5725 (カスタム)

ちょっと補給を。
IMG_5727 (カスタム)

道の駅常陸大宮を出たら北上します。R118は安定の「ツーリングマップルお勧め道路」ですから気持ちよく走れます。
014 (カスタム)

途中、案内板に導かれて下津原橋東交差点を左折しました。あれれ、俺の知っている道じゃないぞ。でも大丈夫、新しくできたバイパスだったようでやがて本来のR118と合流しました。

道の駅奥久慈だいご手前のガソリンスタンドで給油をしました。
015 (カスタム)

ツーリング途中での給油は私には大変珍しい行為です。3日前に秩父に行ったまま給油せずに走っていますからね。フューエル1を入れていたので、薄めたくなかったのです。
101_0502 (カスタム)

九太郎さんの給油中にスマホのアップルマップで月待の滝を目的地にセットしました。ここは急遽目的地にしたので地図が頭に入っていないのです。

そこからさらに北上し、県道33号線に入りました。さて、そろそろ月待の滝なはずなんですが。あれ、地図ではここで間違っていないのですが、滝の駐車場がないよ。滝のすぐそばにそば屋があるはずなのですが。そこで食べる計画だったのです。

明らかに行き過ぎたね。Uターンしよう。あれ、脚ついちゃった。本当は得意なんだけどなあ。

やはりここなのかな?
016 (カスタム)

ここでいいでしょうか。
101_0505 (カスタム)

とにかく行ってみましょう。ここをくぐって下に降ります。もみじ苑がもしかして滝を見ながら蕎麦が食べられるお店なのかな?
101_0506 (カスタム)

もみじ苑まで結構歩きます。
101_0510 (カスタム)

この山小屋風ログハウスがもみじ苑?滝はどこ??
101_0511 (カスタム)

入って納得、月待の滝はもみじ苑の庭にある滝でした。なんて贅沢な!
101_0512 (カスタム)

十割蕎麦をいただきました。これはうまい!
101_0515 (カスタム)

ここ最高!暑い時にも涼しげでいいし、紅葉の時に来るとまた違う風情が楽しめそうですね。店名もそうだし。
101_0517 (カスタム)

食べ終えたら滝を見物しましょう。裏側にも入れるという裏見の滝ということで週刊バイクTVでも紹介されていましたね。
101_0520 (カスタム)

二人そろってセルフシャッターで。実はこの時三脚のケースを流してしまって男性に拾っていただきました。この場を使って改めて御礼申し上げます。
101_0522 (カスタム)
往きとは違う道で駐車場に戻りました。
この透明なチューブは流しそうめんのルートで、この先のあずまやで空飛ぶ流しそうめんを楽しめるということです。
101_0523 (カスタム)

さて、次行くか。いやこれ俺のじゃないし。希少車パカタナですね。
101_0525 (カスタム)

県道33号線をそのまま進みます。
017 (カスタム)

やがて道はR461へ。ここからはもう何回も走っている道です。そして広域農道グリーンふるさとラインへ。
018 (カスタム)

グリーンラインも何回目でしょうか、何度走ってもいい道ですね。
019 (カスタム)

今回は県道60号で左折、十王ダムへ向かいます。ダム上を走っています。
JPG0047 (カスタム)

十王パノラマ公園に来ました。さあ、UFOにさらわれてみましょう。
IMG_5732 (カスタム)

本当にそのイメージで作ったようです。センスいいね。COCOARは気になりましたが、通信費が気になるので今日はやらず。
IMG_5733 (カスタム)

UFOの最上階に来ました。いい眺め!
101_0527 (カスタム)

パノラマで撮影してみました。海まで見えます。船舶が結構いますね。写真ではわからないでしょうけど。
101_0530 (カスタム)

パノラマ公園を後にし、60号線で一旦戻ってグリーンふるさとラインの続きを走ります。その楽しい道もここまで、河内小入口交差点に出ました。ここで左折します。
020 (カスタム)

そして日立おさかなセンターへ。
021 (カスタム)

駐輪場に停めて大丈夫だったかな?でも先客のVFRがいても何も言われてなかったぽいからいいかな。
IMG_5737 (カスタム)

あかつ水産で味勝手丼(みがってどん)をいただきました。自分でパックに入った具を自由に選び、最後にご飯を買って自分流の海鮮丼が楽しめるのです。昼にそばを食べているからおやつです。ですからご飯は小盛、ネタも4種類にしました。それでも十分満足です。味ももちろん、飛び切りのおいしかったです。今日は蕎麦と海鮮丼とずいぶん贅沢な、九太郎さん的にいうとエンゲル係数の高いツーリングとなりました。その土地土地の名産をいただくというのも楽しみの一つですからこれでいいのです。
IMG_5740 (カスタム)

食事後はお土産を購入。ツーリングクラブのこれなかったメンバーの分も買いました。

さあ後は帰るだけ。日立南太田ICから高速に乗ります。
022 (カスタム)

高速は流れはよかったのですが、守谷SA付近から渋滞の情報がありました。それなら早めに谷田部東PAで休憩しておこう。
023 (カスタム)

休憩を早めて正解だったでしょうか、守谷SA出口が渋滞していました。三郷で降りて家の近くまで来て流れ解散といたしまた。

帰宅後、夕食を食べたらまた一走り。お土産を持ってメンバーの元へ。料理長には明日ご子息に持たせるのでちょっと待っててね。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村




昨日は当直明け、かなりの疲労感を残したまま朝を迎えました。どうしようかな、計画通り行こうか、それとも寝て過ごすか。いやこの天気、それにオイル交換が近くなってきているV-STROM650 にはエンジン洗浄剤が入れてあるからツーリング前にガソリンタンク内の燃料を使い切ってオイル交換したいし。

9時前には何とか出発しました。走り出してしまえば体のだるさは感じることはなく、90度バンクVツインエンジンの鼓動を感じながら高速を走らせました。

途中休憩する必要もなく、紙地図をタンクバッグに入れてあっても目を落とすこともなく橋場へ到着。身支度を整えます。長時間の駐車はお断りということなので、とっとと歩いてさっと戻ってきましょう。11時40分歩き始めました。
IMG_5706

まずは粥仁田峠をめざします。最初は舗装路を歩きますが、ここをめっぽう飛ばす二輪がいてひやりとします。ここで飛ばすのは無粋というものですよ。
101_0439

どんどん標高を上げていきます。この道は秩父高原牧場へ行く道なので、何回も走っていますが歩くのは初めてです。
101_0440

ここからショートカットの登山道があります。踏み跡程度なので看板が泣ければ須藤利してしまうところです。
101_0441

すぐそばを県道が走っているとは思えないほど野趣にあふれた登山道でした。
101_0442

歩きやすいので、登りではありますがペースよく歩けました。
101_0443

あれは何ていう山かな?笠山であっているでしょうか?
101_0444

眺望の開けたところからすぐに先ほどの県道へ出ました。
101_0445

あれ、牧草地が見えますね。するとあそこが大霧山かな?
101_0446

ここは左へ。案内板もあります。
101_0447

しばらくはコンクリート舗装がしてあります。
101_0448

いくつかの分岐がありましたが、案内板がしっかりしているので迷うことはありませんでした。
101_0449

12時20分、粥仁田峠に到着。ここから大霧山を目指します。
101_0451

粥仁田峠からは稜線を行くので、眺望の優れたところもあります。天気がいいのはいいのですが、暑さを感じます。そして遠景は霞がかかっていました。残念。
101_0453

一部急傾斜の所もあります。
101_0455

ところどころに距離を示す石板があるので現在地の確認がしやすくていいですね。
101_0456

さあもう少しで山頂です。
101_0457

12時47分大霧山登頂!
101_0459

山頂からの眺望はもちろんよかったですね。ここに来るのは9年ぶりのことです。前回は定峰峠に車両を置いてピストンしましたっけね。
101_0458

一番左に武甲山、そして雲取山、和名倉山、懐かしい山が並んでいます。また行こうかな。
101_0460

頂上でお昼ご飯を食べました。と言ってもレーションと水ですが。スクショしておいたバスの時刻を改めて確認、白石車庫発14時43分に間に合わせたいね。

20分ほど休んだ13時08分出発しました。

藪の向こうは牧草地です。こんな高いところまで牧草の手入れをするのは容易ではないでしょうね。
101_0468

道が90度曲がっています。ここも9年前と何も変わらず、覚えていました。
101_0469

13時27分旧定峰峠通過。
101_0472

獅子岩もありましたね。ここもはっきりと覚えていました。
101_0473

ポンと車道へ出たところで13時55分定峰峠に到着。ここから白石車庫まではコースタイムでは50分ですからギリギリ?いや余裕で間に合うでしょう。
101_0475

ここからショートカットに入ります。ゲロゲロ、藪じゃんか。
101_0477

藪は最初だけ、すぐに歩きやすい道になります。ひたすら下るので速度の出しすぎには注意しましょう。
101_0478

車道を横切ります。
101_0480

道路を渡ったこちらが次の入口。案内板はしっかりしているので安心ですね。
101_0481

想像より山深さの感じられるコースでした。
101_0482

車道に出たら、ここからは1.6㎞車道を歩きます。
101_0483

あれれ、ここでカワサキがこけていますね。車両の破損は確実にありますが、ライダーに怪我がないといいのですが。後に私もここを走る予定です。このコースはブラインドコーナーが多いし飛ばさずに十分気を付けて走ることを心がけましょう。
101_0484

そして14時22分、白石車庫到着です。20分ほどでバスが出ますので、まずまずのタイミングだったでしょうか。スマホを開くとスラックでボランティアセンターからのメールが来ていました。山に来ていることを知らせると、担当者も最近山登りにはまっているとのこと。ますます楽しいボランティア活動ができそうだなあ。
101_0486

バスで10分ほどで橋場に戻ってきました。さあライダーにチェンジしましょう。
101_0489

まずはやはりここ、秩父高原牧場(彩の国ふれあい牧場)です。ここでトマトを購入しました。あれ、隣にBMWが来ていますね。
101_0490

秘密組織へラインしておくか。
IMG_5718


そこから橋場へ戻り、奥武蔵グリーンラインで狩場坂峠へ。
101_0494-1

顔振峠まで走り、そこからR299、県道15号とつないでまたまたきました、サイボクハム。がしかし、なんていうこと。
101_0498

まだ営業時間内のはずなのに閉まっていました。定休日だったかな?
101_0499

後は帰るだけです。がしかし、悲劇が!買ったトマトがトップケースの中で一部つぶれてしまった!
101_0500

つぶれたトマトはジュースにしました。トップケースは、まあ大丈夫、トマト祭りのトラックに比べればなんてことありません。
101_0501

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ