三毛ジャガーの物欲日記

オートバイ、自転車、登山、カヌーカヤック、スキーなどアウトドアレジャーを楽しんでいます。物欲にまみれていて欲しい物は買う、戴く、無い物が欲しければ作ってでも手に入れております。

今日は雨かと思っていたのですが、望外な好天に恵まれました。それでは、やっと買えたK1markⅡを首から下げて小径車でポタリングしましょう。

ケースはこれを下ろしました。誕生日のプレゼントとして職場の8頭身美人よりいただいていたものです。カメラを買う買う言っていたからでしょうか、申し訳ないことです。
IMGP0011 (800x534)

K1markⅡ+28-105WRがまさにぴったりのサイズでした。まずは老健へ母の洗濯ものの入れ替えに行きます。それからそのままの脚で水元公園に直行しました。レンズはその1本だけを持って行きました。

35㎜付近 1/0000F4.0 ISO400 プログラムオート
IMGP0015 (800x534)

せっかくの青空です。薄く雲が広がっている下にさらに雲が浮かんでいる状態です。秋の空にはまだまだな感じがします。

50㎜付近 1/500 F4.5 ISO100 プログラムオート
IMGP0017 (534x800)

バードサンクチュアリにも行ってみたいですね。あれあれ、凄い人出です。感染が怖いので、引き返しましょう。
IMGP0021 (800x534)

野鳥観察者には誰もいませんでした。なるほどそのはずです。鳥が見事にいませんでした。いや、よく見れば鴨らしき鳥が隅の方に見えてはいるのですが。
90㎜付近 1/125 F5.6 ISO100 プログラムオート
IMGP0027 (800x534)

同じ構図で、リアルレゾリューションシステムで撮影してみました。これはCMOSイメージセンサーを一画素ずつ動かして4枚写真を撮影し、それを合成して高精細な写真を撮影するという物です。
IMGP0029 (800x534)

いかがでしょうか?JPEG圧縮をかけてさらに縮小したブログ掲載の写真ではその差はあまりわからないかもしれませんね。それなら、拡大してみてみましょうか。
こちらが普通の撮影です。
IMGP0027-1

こちらがリアルレゾリューションです。
IMGP0028-2

これでもまだ微妙な差ではありますが、違いがあるのが分かるでしょうか?スマホなどの小さい画面で見ているとわからないかもしれませんね。

蓮の花を撮影してみました。水面ギリギリまでカメラを下げて撮影しました。こういう時に役立つのがフレキシブルチルトモニターです。

90㎜付近 1/250 F8.0 ISO100 絞り優先プログラム
IMGP0034 (800x534)

90㎜付近 1/400 F5.0 ISO100 プログラムオート
IMGP0035 (800x534)

シャッター速度は遅めですが、5軸補正の利く手振れ補正がシャープな写真に仕上げてきます。
50㎜付近 1/40 F3.5 ISO100 プログラムオート
IMGP0041 (534x800)

明暗差の激しい作画ですが、白飛びすることなく映っています。
焦点距離失念 1/50 F3.5 ISO100  プログラムオート
IMGP0042 (800x534)

シャッター速度を遅くして流れる水を写してみました。ここまで低速にしても手振れは感じられません。
50㎜付近 1/8 F5.6 ISO100 絞り優先プログラム
IMGP0044 (534x800)

そろそろ昼ごはんですね。トラさんで帰りましょう。
1/60 F4.5 ISO100
IMGP0045 (800x534)

まだまだ使いこなせているレベルではありませんね。カメラの性能が写真の全てになってしまっています。もっと使い込んで、マニュアルを読みこんで、いい写真を撮影できるように精進が必要です。





にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


この物語の始まりは2015年の2月から始まります。



CP+2015にペンタックスのフルサイズセンサー機が展示されているという情報を得て、ペンタキシアンの私は居ても立ってもいられずにパシフィコ横浜へ飛びました。そこではケースの中にフルサイズセンサー機が展示してありました。モックアップで細部は不鮮明、もちろん手にすることもできませんでした。しかし、ペンタックスの人(リコーの人、が正解か)からお話を伺うこともできて、大変良いカメラであると確信したので私の中ではもう買うと決めたのです。というのも、上のブログにも書いてある通り私の主力一眼機はK100dで、2006年に購入した物です。この2006年という年式が今になっては時代を感じるというか、SDカードの進化がこの年でSDHCが登場したのです。K100dはそれは非対応なわけで、今となってはなかなか手に入らない2GBのカードまでしか使えないのです。さすがにもう限界だよ。でも、買うならフルサイズセンサー機が良いのです。なぜならKマウントのレンズ資産があり、そのレンズの能力を余さず引き出したいから他なりません。ゆえに、K3を買わずにその時、発売を待つことにしました。

待つこと1年と数か月、ついにK1が発売されました。でもいきなり買うことはしないのです。最初は値段が高いからです。2年も待てば値段は下がるはずです。

丁度2年待った2018年、そろそろ買おうかな。え、markⅡになっちゃったの!また値段はあがってしまいました。



でも、K1値段がこなれてくるんじゃないの。それでいいよな。え、バーションアップサービス展開するから、値崩れあまりしないの!

その後初期よりは随分値段はこなれましたが、不思議なことにK1の方がK1markⅡより高くなったりすることもあったりとなかなか底値が見えません。それとどこで買うかだよな。しょっちゅう検索をかけて、さらに3年ほど悩んだ今年勤続30周年でちょっとしたお金をいただきました。もう買うしかないでしょう!

で、ほぼ底値と言える今日、買ってしまいました。注文はネットですが、受け取りは秋葉原の店舗まで出向きました。送料は無料とされていますが、1日だって待てませんよ、もう!

購入した店はここ、秋葉原のアウトレットプラザです。
P9130129

購入したカメラを手に、嬉しさのあまり視界が歪んできました。
P9130130

秋葉原の帰りに日暮里にも立ち寄り、生地を購入しました。まだまだ自粛生活が続きますから、ミシンで遊ぼうという魂胆なのです。トマト本店で14オンスのデニム生地と端切れのリアルレザーを購入しました。自転車は小回りが利いて都心の買い物に非常に便利ですね。
P9130140 (640x480)

こっちがK1markⅡです。早速開梱しましょう。
P9130133 (640x480)

開きました。
P9130134 (640x480)

見慣れたKマウントです。これこそこのカメラを購入させる原動力です。古いレンズ資産を無駄にさせないペンタックスブランドは非常に好感が持てます。
P9130136 (640x480)

まずはバッテリーの充電から始めましょう。
P9130138-1

フレキシブルチルト式液晶モニターはメカ好きにはたまらないギミックですね。
P9130135 (640x480)

28-105WRレンズ付きを買いました。レンズが防水仕様なうえに、さらにマウント外側にもパッキンがはめられていて防水になっています。フィールドカメラとして防水であることは大きなメリットですね。ピントをあわせはレンズ内DCモーターを使用するので、ボディからのメカ接点が省かれています。K100dではオートフォーカス機能が使えないという事ですね。それでも、全く使えないというわけではなくマニュアルフォーカスなら使えるというのはさすがペンタックスです。
P9130139 (640x480)

肝心の使い勝手や写りについてはもうすでに読み切れないほどの多くの方がブログに動画に、レビューに書き込まれているのでそちらを参考にされた方が良いでしょう。まだ充電が終了していないので通電さえしておりませんからね。

早く景色の良い所へ行きたいなあ。海に山に川に、ね。



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



コミネ本社アウトレットで購入したウインターグローブ、コミネGK-780スーパーフィットカーボンウインターグローブ-ディオを使用していますが、さすがにくたびれてきました。そろそろ更新しなくてはいけません。と感じてから1年が過ぎようとしています。その間に特価品が出るのをひたすら待ち続けていました。

これがくたびれてきたGK‐780です。
P9091635

見るからにアレですが、細部を見ると結構ひどいことになっています。カフストラップのこれが剥がれていたり。
P9091639

掌の皮もけば立っています。
P9091641

一番の問題点はここでしょう、コミネの再帰反射材ブランドロゴが剥がれてきたところです。せっかくのコミネなのに、これでは使えませんよね。いや冗談、本当はこっちです。左手人差し指に穴が開いていしまいました。それでも昨冬をこれで過ごせたのは、ウインドーストッパーのフィルムが入っていて風を感じることはなかったからです。あとコロナで遠出していないことや、本当に寒い時にはこれを使っていないという事もあります。
P9091644

本当に寒い時にはこっち、コミネの電熱グローブGK-804カシウスを使います。
P9091634

このカシウス、電気を使用しなくてもウインターグローブとして十分な機能をすると説明書きにはあるのですが、何しろ高価な製品ですからやたらに使って穴を開けたり断線させたりはしたくないので本当に必要な時だけにしたいのです。

今年度版のカタログを穴が開くほど読み込み、また昨年コミネファンの私が浮気をしてFIVEのスタントEVOメッシュグローブを購入した感想などを加えて、以下の結論に達しました。

◯CE規格を得ている製品なら転倒時の脱げにくさ、衝撃吸収力(プロテクターレスというカテゴリーもあるが)、耐滑走性能などが基準以上の性能が保証されているので安心できる。

◯コミネの上級モデルはFIVEと定価はあまり変わらないくらいだが、安全性能も甲乙つけがたい。しかも待っていると時として大特価の場合がある。

つまりは、コミネのCE規格グローブが大特価になるのを待って買うのが正解という事になると思ったのです。そしてその正解は一昨日訪れました。すかさずぽちっとしました。そして、本日到着。
P9091651

サイズは、コミネのガイドでは私はLに相当するのですが、カシウスがXLでも指の長さが足らず、また親指を大きく開くと人差し指とのアーチに浮きが出てしまってグリップを握れなくなるので今回は2XLにしてみました。2XLだけ超特価という面もあるにはあるのですが、これはほんとうにたまたまです。
P9091652

早速製品を見ていきましょう。ハードナックルプロテクターが付いています。
P9091654

指の衝撃吸収パッドも付いています。さすがはCE規格です。
P9091664

でも、GK‐780はナックルがカーボン、衝撃吸収パッドもより厚みがあり、さらに指の曲げ伸ばしがしやすいシャーリングが入っています。こっちの方がグレード的には上だなあ。
P9091665

カフのストラップはGK‐827は内側に太いストラップで留めるようになっています。脱げにくさはCE検査済みです。
P9091657

GK-780は外側に、あれ、手首で固定するストラップと2段階ですから、こちらの方がより脱げにくいような感じですね。カフの方はジャケットの袖に合わせて使えます。こっちの方が上だなあ。
P9091636

内側は起毛の生地で暖かいと謳っています。
P9091668

GK-780 は手首から深い起毛です。こっちの方が温かいかも!
P9091667

サイズの違いはここに出ます。親指の付け根が離れない!
P9091661

Lサイズでは全くダメ、ここの糸を抜いて親指がフリー縫動くようにしました。写真で分かりやすいようにめくっていますが、ここに黒いナイロン布を入れて縫合してあります。見た目的には内側が見えないようにしています。
P9091646

コミネのロゴが反射するのは歴代モデルの特徴を引き継いでいますね。
P9091655

スマートフォン操作のためにSmartTipがついています。でもこれちょっと使いにくいですね。先端に小さくついているといいのですが。指の腹だとどこを触っているのかわからないし、面積が大きすぎて反応しなかったり、逆にあらぬ部分に反応させてしまいます。何回か試していたら電話をかけそうになってびっくり、手袋を外して止めました。タグでは先端についている絵になっているのになあ。
P9091656

手首の外側の関節と尺骨を守るプロテクターが付いています。ここはGK‐827のCE規格グローブの面目躍如といったところでしょうか。その代わり右手親指にシールドワイパーはついていません。あれ、結構便利だったんだけどな。
P9091663


GK-780の代替として購入しましたが、グレードアップではなくややダウンした感じもしてしまいますね。購入価格は定価の半額以下、支払いはアフィリエイトのAmazonポイントとd払いの誕生プレゼントポイントで購入しましたので、現金での支払いは全くゼロでありました。1年弱をかけた執念の購入ですからね。寒くなったら活躍することでしょう。

本当に、活躍できるのかなあ。緊急事態宣言はまたまた、また伸びてしまいましたね。





にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

ここのところぐずついた天気が続いていましたが、ようやく休みの朝に晴れ間を見ることができました。今日は何する?

まずは老健でお世話になっている母の用事を済ませます。それから本日の同行者のご自宅へ迎えに行きました。今日の同行者の登場は3年ぶりかな、下の記事でご一緒した会社の仲間、Sさんです。
 

行先は手賀沼ですが、その前に食品の買いこみを済ませます。二人ともワクチンを2回済ませて1か月が過ぎた所ではありますが、なにしろ緊急事態宣言下ですから、よその土地での買い物は避けるに越したことはないのです。

車内の冷蔵庫へ食品を移し替えたら、いよいよ出発です。昔なじみの方ですから、亡くなられた元同僚の話や現在の身体の病気のことなどを心置きなくしゃべることができました。マスクしながらというのはしゃべりにくいものですが、インナーフレームを入れていたので私はよどみなくおしゃべりを楽しむことができました。

手賀沼に行く前に腹ごしらえをしましょう。河原で昼食にしました。熱源は今回はダイソーの着火炭を使用しました。タラスブルバのストーブに並べて、ゲル状着火剤を塗ってそこへ着火します。冒険少年で見て人力による着火に憧れがあったので、今回はファイヤースターターを使用しました。これなんとダイソーブランドで110円税込みで購入したものです。思い切ってこすると激しく火花が飛び散り、一発で着火しました。ゲル状着火剤を使用しているあたりはちょっとインチキかな?ふーふータイムが無くてもいきなり炎が上がりますからね。
着火

研いで水に浸けてきた米をダイソーメスティンに入れて、ストーブに乗せます。
P9081620

ご飯が炊けるまで、ま、一杯いきましょう。ノンアルビールで乾杯。
P9081622

ご飯が噴いてきたら、メスティンを火から下ろしてストーブの壁面からの伝導熱で蒸らします。空いた上にはこれまたダイソーのスキレットパンに牛脂を融かして牛ハラミを焼きます。
P9081624

野菜もたっぷりと。
P9081627

ソーセージも焼こうぜ。ごはんも炊けたよ。完璧な炊きあがり!
P9081628

食べたら、手賀沼に移動します。手賀沼の一番東側の駐車場に車を入れます。ちょっと準備するから寝て待っててね。
P9081629

Sさんはこれ、トラさん号です。私はインラインローラースケートを履きます。
P9081630

道の駅しょうなん目指して、サイクリングロードをGO!微風で気温も適度といい感じではあるのですが、しょっぱなから霧雨が顔に当たります。これ大丈夫かな?

振り返り、Sさんにどうするか相談します。道の駅までだったら持ちそうですから、行っちゃいましょうという返事。よし、行くぞ。

が、しかし、無情にも雨脚は強くなってきました。こりゃだめだ、ウイールがスリップして駆動力を産まなくなってきたよ。ごめん、戻ろう。

戻る途中で雨は霧雨になってきました。道路もほとんど濡れていません。これはあれだな、向こうだけ降っているんだね。

道の駅しょうなんには車で向かいました。
P9081631

あれ、今日は物産展定休日だって!なんてついていないんでしょう。
P9081633

スズメバチの巣だけ見て帰りましょう
P9081632

Sさんはなかなかのイケメンで、話も面白く、一緒にいると時間が過ぎるのが早く感じます。まずは緊急事態宣言の終了を待って、それからどこかへ一緒に行きましょう。次は何しようかな。海か川か、それともモーターサイクルツーリング?無理のない範囲でお付き合いください。






にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ